宮城のニュース

<いちおし土産>のぶおさんとせいこさんのひんやりシャーベット

柿やいちじく、トマトといった変わり種が人気のシャーベット

◎もぎたてフルーツ工房 土里夢( ドリーム )(栗原市)/味わい濃厚旬の素材

 エゴマ、イチジク、柿、ずんだ…。一見、シャーベットになじみの薄そうな果物や野菜が並ぶ。一口食べると、素材そのものの濃厚な味わいにスプーンを持つ手が止まらなくなる。
 役所を定年退職して昨年7月に店を開いた渡辺信雄さん(67)と妻生子(せいこ)さん(64)が開発した。「よそにはない味」と胸を張る。
 地産地消をモットーに、近くの山で採れた季節の旬の材料だけを使用。1年を通じて、15種類以上を楽しめる。
 鮮度を最も大切にし、朝摘みした果物や野菜は5時間以内にペースト状にして冷凍する。この一手間が濃い味とみずみずしさを残すこつだ。
 地元客の口コミやインターネットで評判が広がり、多いと1日に200個を売り上げる。2人は「商品を通じ、栗原に眠っている食材の魅力を発信していきたい」と意気込む。

[メモ]1個300円(税込み)。旬の果物と野菜から6種類を厳選した「おまかせセット」(1800円)が人気。営業時間は午前10時〜午後5時。水、木曜定休。11〜4月は土日祝日のみ営業。通信販売もできる。連絡先は0228(24)8377。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月26日木曜日


先頭に戻る