秋田のニュース

<五能線>リゾートしらかみ 7月9日試乗会

観光列車「リゾートしらかみ」号新型車両=写真は製作中(5月13日現在)のものです。デザインはKEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)が担当します。JR東日本秋田支社提供

 JR東日本秋田支社は7月9日、五能線などで運行する観光列車「リゾートしらかみ」号新型車両の試乗会を秋田、青森両県で開く。
 試乗会では奥羽線秋田−東能代間と弘前−青森間を走行。両区間の上下片道ずつ計4コースがある。
 新型車両は「〓(ぶな)編成」と呼ばれ、内装材に秋田杉や青森ヒバ、ブナを使用。沿線の特産品や地酒を販売する「ORAHO(おらほ)カウンター」を設けた。7月16日から秋田−青森間を奥羽、五能線経由で走る。
 定員は各コース100人。はがきに氏名、住所、参加人数、希望コースなどを書いて〒010−0001秋田市中通4の5の6、ジェイアール東日本企画秋田支店完成記念試乗会事務局へ。締め切りは6月3日(当日消印有効)。連絡先は事務局018(831)0962。
(注)〓は木偏に無


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月26日木曜日


先頭に戻る