秋田のニュース

<能代嫁見まつり>相合い傘に良縁感じて

良縁と幸せを祈って参道を歩く花嫁姿の女性たち

 秋田県能代市の日吉神社で25日、花嫁衣装をまとった女性が参拝する伝統の「嫁見まつり」があった。あいにくの雨の中、新緑の境内は華やかな雰囲気に包まれた。
 今年結婚した7人を含む14人の女性が、夫ら介添え役と良縁と幸福を祈って参拝した。参道脇の家族や地域住民は「おめでとう」と祝福の言葉を掛けた。
 同市柳町、会社員成田結子さん(28)は、正月に婚姻届を提出した自営業の夫順一さん(46)を介添え役に参加。6月に結婚式を挙げる予定といい、「地元の方々に祝福され、うれしい。幸せな家庭を築いていきたい」と話した。
 まつりは、日吉神社の祭神が縁結びの神としてあがめられていることから始まったとされる。


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月26日木曜日


先頭に戻る