山形のニュース

鳥海山囲み「丼」バトル 人気投票25日開幕

「どんぶり対決」のチラシ

 鳥海山周辺の秋田県由利本荘、にかほ、山形県酒田の3市と山形県遊佐町の道の駅などが特産品を使った丼の味を競う「環(まるっと)鳥海どんぶり対決」が25日、始まった。スタンプラリー形式で実施し、人気投票を兼ね、お気に入りの1品を応募してもらう。7月10日まで。
 由利本荘、にかほ両市と遊佐町の七つの道の駅と酒田市の「さかた海鮮市場」が参加。各店が考案した海鮮やブランド牛、豚、カモ肉、山菜などを使った丼を販売する。
 秋田、山形両県の出先機関でつくる環鳥海地域連携事業実行委員会などが主催。実行委担当者は「道の駅のおいしいものを格安で味わえる。ぜひ来てほしい」と呼び掛ける。
 応募者には抽選で地元特産品を贈る。スタンプラリーの用紙は参加店などで配る。応募箱は各店舗に設置。連絡先は実行委0184(22)5432。


関連ページ: 山形 経済

2016年05月26日木曜日


先頭に戻る