宮城のニュース

<卓球日本リーグ>仙台で8年ぶりに開催

熱戦を繰り広げる男子2部、トヨタ自動車と琉球アスティーダの選手=26日

 卓球の日本リーグ前期仙台大会が、仙台市宮城野区の宮城野体育館で開かれている。仙台での日本リーグの大会開催は、ビッグトーナメントが開かれた2008年以来、8年ぶり。29日までの日程で、27日からは有力選手が出場する男女1部リーグが始まる。
 仙台大会には男女1、2部の35チームが出場(宮城県選抜など3チームはスポット参戦)。25、26日は男女2部リーグの試合が実施された。
 27〜29日は男女1部リーグがあり、前期優勝を争う。共に世界選手権で活躍した男子の松平賢二(協和発酵キリン、青森大出)、女子の石垣優香(日本生命、秀光中教校−淑徳大出)らのプレーが注目される。
 仙台大会は東日本大震災の被災地支援として、入場無料となっている。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年05月27日金曜日


先頭に戻る