宮城のニュース

<七十七銀>ATMで税金支払い ペイジー導入

 七十七銀行は、現金自動預払機(ATM)で税金や各種料金の払い込みができる「ATM Pay−easy(ペイジー)」の取り扱いを始めた。店舗の営業時間外でも払い込みが可能になった。導入は東北の地方銀行で初めて。
 自動車税や国民年金保険料など国や自治体に支払う税金のほか、NTTの電話料金やNHKの受信料など27社の料金が対象。利用可能な東北の自治体は現在、宮城、岩手両県と仙台市のみ。ATMの操作画面でペイジーを選び、払込用紙に記された納付番号などを入力して払い込む。
 同行のキャッシュカードがある場合、平日は午前7時半〜午後10時、土日祝日は午前9時〜午後10時に全てのATMで手数料無料で払い込みが可能。現金払いは本支店や出張所のATMのみで利用でき、時間は平日午前8時〜午後6時。
 同行は「日中、窓口に行けない人にとっても払い込みの手間が省ける。利用できる自治体などは今後増やしていきたい」と話す。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月27日金曜日


先頭に戻る