宮城のニュース

滞納地方税徴収 4年連続5割超

 宮城県と23市町村でつくる県地方税滞納整理機構は、2015年度の活動実績をまとめた。機構が市町村から引き受けた市町村税の滞納分7億8800万円のうち、4億640万円を回収した。徴収率は前年度比0.4ポイント増の51.6%だった。
 徴収率が50%を上回るのは4年連続。徴収した4億640万円のうち、3億6000万円は滞納者が納付に応じた。残りは預貯金(2340万円)などの差し押さえで取り立てた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年05月28日土曜日


先頭に戻る