宮城のニュース

<楽天>塩見7回2失点好投

7回日本ハム2死一塁、中島を三振に打ち取りガッツポーズする東北楽天先発の塩見

 先発塩見が7回2失点の好投で2勝目を挙げ、連敗脱出の投のヒーローになった。楽な展開ではなかったが「球を低めに集められた」と最後まで集中力を切らさなかった。4月2日以来の白星だが、これまでも2勝目まで1カ月以上かかったシーズンがあり「いつも通り、2勝目までが長い」と冗談交じりで喜びに浸った。
 直近4試合は先発が先制点を許して敗れたため、立ち上がりから「とにかく先に点を与えない気持ちでいった」。先制した直後の五回に追い付かれ、六回にも中田に勝ち越し弾を浴びたが、再度リードしてもらった七回を無失点でしのぎ流れを渡さなかった。
 塩見の力投に梨田監督は「七回は一番気合が入っていたし、最後まできっちり投げてくれた」と納得の表情。左腕はお立ち台で、「これから連勝していけば借金も返済できる。頑張ります」と巻き返しを誓った。(浦響子)


2016年05月28日土曜日


先頭に戻る