宮城のニュース

<楽天>連敗脱出 茂木4回先制打

 東北楽天は接戦を制し、連敗を9で止めた。四回に茂木の中前適時打で先制。2点を返されて迎えた六回は銀次の2点二塁打で逆転した。先発塩見は粘りの投球で7回2失点。その後は救援したミコライオ、松井裕が無失点でしのいだ。
 日本ハムは3連敗。六回に先発吉川から谷元への継投が失敗した。

 東北楽天−日本ハム8回戦(日本ハム5勝3敗、18時、楽天Koboスタジアム宮城、26,786人)
日本ハム000011000=2
東北楽天00010200×=3
(勝)塩見8試合2勝2敗
(S)松井裕20試合3敗8S
(敗)谷元18試合1勝1敗
(本)中田6号(1)(塩見)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<吉持亮汰内野手(広島・広陵高の先輩、吉川から四回、右前にプロ初安打)>
 「吉川さんから打てそうな感覚があった。右方向を意識していたので良かった。少しでも勝利に貢献できて良かった」

<足立祐一捕手(先発出場6試合目で初勝利)>
 「5連敗していたので、一つ勝つのは大変と思った」

<茂木栄五郎内野手(四回に先制打)>
 「(9連敗の中には)自分のミスで負けた試合があったので、まずは連敗を止められて良かった」

☆梨田の話ダ
<みんなの気持ちで>
 「みんなの気持ちで勝ったようなもの。連敗中なのに過去最多のファンが来てくれたし、声援に後押ししてもらった」(9連敗を脱出した勝利の理由を聞かれて)


2016年05月28日土曜日


先頭に戻る