宮城のニュース

<楽天>松井裕8S目「再スタート切れた」

 東北楽天の松井裕が九回を無失点で締め、約3週間ぶりとなる8セーブ目を挙げた。2日連続して救援に失敗した15日のロッテ戦以来の登板で、「再スタートを切れた」と安心した様子だった。
 1点リードで登板。最速150キロの直球を軸にストライクを先行させる危なげない投球で、まず横尾、大野の2者を打ち取った。続く矢野にこそ四球を出したが、最後は陽岱鋼を変化球で空振り三振に仕留めた。
 登板間隔が12日開いたことは「自分を見つめる機会になった」と受け止める。9連敗脱出に貢献し、「チームがいい形で勝てて良かった」と喜んだ。


2016年05月28日土曜日


先頭に戻る