宮城のニュース

<仙台L>佐々木繭「しっかり勝つ」

紅白戦で調整する佐々木繭(左)=26日

 女子日本代表、なでしこジャパンに初選出された佐々木繭が、仙台Lの今季初の3連勝を懸けたアウェー千葉戦で勝利に貢献することを誓う。リーグは千葉戦を境に9月上旬まで試合がないため、「しっかり勝つ」と気を引き締める。
 20日に高倉麻子新監督(福島市出身)率いる新生日本代表に選ばれて「びっくりした」。身長160センチ、50キロと決して体は大きくない。「スピードもないが、周りと連係し、前線に配球したい」と、6月2日と5日にある、世界ランク1位の米国との親善試合をにらむ。
 代表入りしたことを仙台Lの千葉監督に感謝する。「昨季は(リーグ戦全ての)試合に出させてもらい、成長できたことが(選出に)つながった」。試合経験を積むことで、U−23(23歳以下)代表として3月にはノルウェーやドイツと戦い、「パワーで来る相手をいなすことがうまくできた」と手応えつかんだ。
 今季も仙台Lでは第3節以降ピッチに立ち続けている。千葉戦は優勝を目指すチームだけでなく、代表戦に臨む自身にとっても「勢いをつけたい」重要な一戦となる。(加藤伸一)


2016年05月28日土曜日


先頭に戻る