宮城のニュース

<春季高校野球>仙台育英、序盤に猛攻

仙台育英−柴田 6回3安打無失点と好投した仙台育英先発の鈴木

 ▽3位決定戦
柴  田 0000000=0
仙台育英 314000×=8
(七回コールドゲーム)

 【評】仙台育英が序盤に畳み掛けた。一回無死一、三塁から譜久村の遊ゴロや斎田の2点二塁打などで3点を先取。二回に1点を加え、三回は斎田のソロ本塁打など、打者一巡の攻撃で4点を挙げた。先発鈴木は6回無失点と好投。柴田は先発岩佐が乱調だった。

<初先発の鈴木、納得の6回無失点>
 仙台育英が投打に柴田を圧倒した。準決勝での打線は5安打2得点と元気がなかったがこの日は13安打と爆発。序盤に8点を奪って試合を決め、瀬戸主将は「迷いをなくし、全員が思い切って振った結果」と話した。
 投げては、今大会初先発の鈴木が6回を3安打無失点。3年生右腕は「直球の調子が良かったので、変化球をうまく生かせた」と納得の表情を見せた。
 春季県大会の連覇は5で途切れ、3位での東北大会出場となるが、瀬戸主将は「挑戦者の気持ちで戦える。一人一人が気合を入れ、負けられないという思いで優勝したい」と意気込んだ。

<柴田の主戦「力不足だった」>
 柴田の先発岩佐が一回に4安打を浴びて3失点とつかまった。「力不足だった。しっかり抑えなければと考え過ぎ、力んでしまった」と悔しがった。
 立ち上がりから球が高めに浮いた。先頭打者に安打を許し、「気持ちで引いてしまったのかもしれない」。その後も気持ちを切り替えられず、持ち前の制球も狂って計5失点し、三回途中で降板した。
 2年生の主戦は「夏までに制球力を上げる。新しい変化球も身に付ける」と敗戦を糧に成長を誓った。


2016年05月28日土曜日


先頭に戻る