青森のニュース

<大間風力>発電開始 9基で2万kw

発電を始めたJパワーの大間風力発電所

 電源開発(Jパワー)は27日、青森県大間町の大間風力発電所(出力1万9500キロワット)が26日に営業運転を始めたと発表した。
 風車は全部で9基で、ドイツのエネルコン社製を採用した。タワーの高さは72メートル、羽の回転直径は82メートルに及ぶ。土地の造成を含めた総工費は70億円。
 年間の発電量は一般家庭1万3000世帯分の4400万キロワット時を想定しており、1キロワット時当たり22円で東北電力に全て売る。
 同社の風力発電は国内で21カ所目、東北では5カ所目。合計の出力は計42万8860キロワットになった。


関連ページ: 青森 経済

2016年05月28日土曜日


先頭に戻る