山形のニュース

投資話解決名目で1950万円詐取

 山形県警は27日、山形市の60代の無職女性が、個人投資に絡むトラブルの解決名目で1950万円をだまし取られたと発表した。山形署によると、実在する証券会社の社員を名乗る男から4月上旬、「食品販売会社が個人投資を募集している」と電話があり、名義貸しに応じた。その後、食品販売会社の社員を名乗る男から「名義貸しは犯罪。今すぐ金を送ってほしい」などと繰り返し電話があり、女性は東京都と千葉県の個人宛てに計5回、宅配便で現金を送った。


関連ページ: 山形 社会

2016年05月28日土曜日


先頭に戻る