山形のニュース

「森の健康診断」参加者募集

 最上川流域の人工林の密度や植生を調べる「森の健康診断」が6月19日、山形県白鷹町で行われる。結果は研究者グループが集計、分析して報告書にまとめ、11月19日に同町内で開く報告会で発表。実行委員会は診断と報告会の両方に参加できる人を募集している。
 森林整備の啓発と里山資源の活用などが狙い。専門知識のあるリーダーを含め1チーム5〜7人編成の班がそれぞれ2カ所の森林に入り、スギやヒノキの混み具合、植物の種類や数、土壌の厚さなどを計測、観察する。昨年に続く2度目の調査となる。
 診断当日は午前9時半、白鷹町役場駐車場に集合。山中で活動できる服装で参加する。計測道具などは事務局が用意する。参加費500円。申し込みは31日まで。約50人の参加を見込む。
 連絡先は実行委事務局の「しらたか木の駅」0238(87)1546。メールアドレスsamuraibat2@gmail.com


関連ページ: 山形 文化・暮らし

2016年05月28日土曜日


先頭に戻る