宮城のニュース

<ベガルタ>富田200試合「節目で勝つ」

新潟戦に向けて調整する富田(左)

 富田がJ1通算200試合出場を達成する見込みだ。前節湘南戦の梁勇基に続き、生え抜きとしてはクラブ史上2人目の快挙となる。「梁さんの直後とはタイミングがいい。節目に勝って今季リーグ戦初の連勝にする」と、上位浮上に向けて勢いをもたらす決意だ。
 2005年の入団後、J2を含めたリーグ戦出場は308試合に上る。初めて主将を任された昨季はチームで唯一、リーグ全34試合にフル出場。今季も不動のボランチとして、攻守のかじ取り役を担う。「J1で200試合(出場できると)は、想像もしていなかった。一つ一つ積み重ねた結果」としみじみ振り返る。
 「梁さんは節目(湘南戦)で勝った。自分も勝つ」と闘志を燃やす。28日の紅白戦では「守備が堅い」新潟をイメージし、前線との連係を入念に確認した。
 「ホームで勝たないと上位にいけない」と眼光を鋭くする。「育ててもらった仙台で、まだ結果を出せていない。目に見える形で恩返ししたい」と、リーグ制覇を当然諦めていない。
 08年のコーチ就任以降、富田をそばで見続けた渡辺監督は「勝利への執念が強い選手」と評す。「受け身にならず、チャレンジ精神を出し続けてほしい」とさらなる活躍に期待した。(狭間優作)


2016年05月29日日曜日


先頭に戻る