宮城のニュース

<楽天>オコエ、得点機の2打席は凡退

6回東北楽天2死一、二塁、三ゴロに討ち取られるオコエ

 約1カ月半ぶりに1軍に昇格した東北楽天のオコエ瑠偉は六回から途中出場し、得点機で入った2打席とも凡退に終わった。
 六回は大谷翔平と対戦。1ボールから161キロの速球を打った。感触は「差し込まれなかった」と言うが、結果は三ゴロ。「いい感じで打とうとして欲が出た」と悔しがった。九回は斎藤の落ちる変化球に空振り三振。1軍戦の雰囲気にのまれ、「緊張して2軍の時と違う振りになってしまった」と反省した。
 梨田昌孝監督は31日からの阪神との交流戦でオコエを先発起用する考えで「コーチと相談する必要はあるが、思い切って使いたい」と話した。池山隆寛打撃コーチも「大谷の球に力強い振りだった。次もチャンスはある」とチームの起爆剤として期待した。


2016年05月30日月曜日


先頭に戻る