宮城のニュース

<楽天>日ハムに完敗 借金は14に

4回途中、与田コーチ(92)から交代を告げられマウンドを降りる東北楽天先発の釜田(右から2人目)

 東北楽天は投打振るわず完敗。借金は今季最多の14となった。先発釜田佳直は一回に中田翔に先制2ラン、二回にも中田に2打席連続の3ランを浴びるなど、序盤から大量リードを許して四回途中7失点でKOされた。打線は三、九回に計3点を返すのがやっとだった。
 日本ハムは2連勝。先発大谷翔平が7回1失点、打者としても3安打した。

 東北楽天−日本ハム10回戦(日本ハム7勝3敗、13時、楽天Koboスタジアム宮城、26,085人)
日本ハム250022100=12
東北楽天001000002=3
(勝)大谷10試合3勝4敗
(敗)釜田10試合1勝3敗
(本)中田7号(2)(釜田)=1回、中田8号(3)(釜田)=2回、レアード16号(1)(釜田)=2回、レアード17号(2)(福山)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<茂木栄五郎内野手(早大の先輩、斎藤から九回に二塁打)>
 「前回の対戦はいい当たりを打ったが、運がなくアウトになった。今回は直球を狙い、(初球を)一度で仕留められた」

<中川大志内野手(九回に中前へ2点適時打)>
 「(フルカウントから)変化球をファウルで粘れたのが結果につながった。課題である変化球への対応が良くなり、余裕を持って打席に立つことができている」

☆梨田の話ダ
<軌道に乗らない> 
 「チームをいい軌道に乗せたいが、なかなか乗らない」(初戦に勝って連敗を止めた後に2連敗した日本ハム3連戦を振り返って)


2016年05月30日月曜日


先頭に戻る