宮城のニュース

<楽天>アマダーは全治4週間 左手骨挫傷

アマダー内野手

 東北楽天のアマダー内野手(29)が29日、左手のけがで出場選手登録を抹消された。28日の日本ハム戦で痛みを訴え、仙台市内の病院で診察を受けた結果、左手第4中手骨の骨挫傷と診断された。全治4週間程度という。代わって新人のオコエ外野手(18)が約1カ月半ぶりに1軍昇格した。
 梨田昌孝監督は28日の試合直後は登録抹消の必要がないと判断していたが、その後詳細な報告を受け、予想以上に重傷だったことが分かった。「どれくらいかかるか分からないが、けがは仕方ない」と話した。
 アマダーは昨季メキシカンリーグで本塁打、打点の2冠王に輝いた実績があり4番候補として今季加入したが、3月上旬に左手首を痛めて離脱した。有鈎骨(ゆうこうこつ)の除去手術を経て今月25日に1軍昇格。主に4番で4試合に先発出場したが、14打数1安打5三振、打率7分1厘と振るわなかった。


2016年05月30日月曜日


先頭に戻る