岩手のニュース

<参院選岩手>一関市選管 学生バイト募集

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる夏の参院選で、岩手県一関市選管は30日、投開票日の投票所の係員として、高校生と大学生のアルバイト募集を始めた。投票事務の一翼を担ってもらい、主権者意識を育てる。募集対象は市内在住か市内の学校に通学する高校生、大学生、専門学校生ら。対象年齢は15歳以上で、高校生の場合は学校と保護者の許可が必要になる。
 主な仕事は、名簿のチェックが済んだ有権者への投票用紙の手渡し。122カ所の投票所に1人ずつ配置する。市選管は「投票日当日に全ての投票所に学生らを配置する取り組みは東北初とみられる」という。
 勤務は休憩時間を含め午前6時半〜午後6時半で、日当は1万1500円から所得税を除いた9330円。応募締め切りは6月10日。市ホームページにある申込用紙を使う。市選管は「今後は全ての選挙に同様のアルバイトを導入し、若者の政治参加を促したい」と説明する。


2016年05月31日火曜日


先頭に戻る