秋田のニュース

<秋田内陸線>求む一日オーナー 正面に名前

オーナー号のヘッドマークにはメッセージや広告を入れることができる(秋田内陸縦貫鉄道提供)

 秋田内陸線(角館−鷹巣、94.2キロ)を運営する秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は、列車の一日オーナーを募集している。自分の名前やメッセージを入れたヘッドマークを列車に付け、「ワンデーオーナー号」として運行する。
 オーナー号は阿仁合駅を起点に鷹巣と角館まで運行し、全線を1往復する。ヘッドマークは直径90センチの円形で、下部に「誕生日おめでとう」といったメッセージや広告などを入れることができる。希望するアナウンスを車内で流せるほか、内陸線のピンバッジがもらえる特典もある。
 事業は2012年度に始まり、5回目。4年間で550件の利用があり、中には米国の個人や福岡県の会社からの申し込みもあったという。料金は1日1万円。新設した3日連続の運行は2万円。募集期間は17年3月31日まで。
 内陸線は県と沿線自治体が出資する第三セクター。連絡先は同社0186(82)3231。


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月31日火曜日


先頭に戻る