宮城のニュース

災害避難情報サイト 仙台市運用スタート

避難情報を発信するウェブサイトのデモ画面

 仙台市は1日、災害時に各地域の避難情報を発信する「市避難情報ウェブサイト」の運用を始める。自宅や職場がある地域が避難指示や避難勧告の対象になっているかをスマートフォンなどを使って簡単に知ることができ、素早い避難行動の助けになりそうだ。
 サイト上で住所を入力すると、該当地域の地震や津波、河川氾濫、土砂災害に関する避難情報が確認できる。最寄りの指定避難所が3カ所まで表示されるほか、被災の恐れがあって開設できない避難所がある場合も告知する。
 市は市ウェブサイトや短文投稿サイト「ツイッター」でも避難情報を発信しているが、昨年9月の宮城豪雨ではアクセスが集中して一時、つながりにくくなった。市危機管理課は「発信手段を増やし、情報を確実に届ける」と話す。
 市避難情報ウェブサイトはパソコン、スマートフォン、携帯電話から利用できる。アドレスはhttp://hinan.city.sendai.jp


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月01日水曜日


先頭に戻る