宮城のニュース

<衆院選宮城>共産が4選挙区で公認候補

松井 秀明氏
佐藤 克之氏
戸津川 永氏
横田 有史氏

 共産党宮城県委員会は31日、次期衆院選宮城1、2、4、6区に擁立する公認候補を発表した。いずれも新人で1区は党県常任委員松井秀明(47)、2区は党仙台東地区委員長佐藤克之(56)、4区は党塩釜地区常任委員戸津川永(34)、6区は元宮城県議の党県副委員長横田有史(72)の各氏。
 仙台市青葉区の党県委員会で記者会見した中島康博委員長は、衆院選の野党共闘について「党中央レベルの結論に従い、候補者調整を進めたい」と話した。
 松井氏は郡山市出身。福島大卒。中学校教諭などを経て党県委員会勤務。衆院選は09年北海道1区、14年宮城1区に立候補した。
 佐藤氏は秋田市出身。東北大卒。党仙台地区委員会などに勤務した。
 戸津川氏は塩釜市出身。塩釜三中卒。坂総合病院友の会などに勤務。4区には12年衆院選で立候補した。
 横田氏は仙台市出身。東北大卒。仙台市議を2期、宮城県議を5期務めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月01日水曜日


先頭に戻る