宮城のニュース

<ヤナセ東北>あすと長町に仙台支店移転

広いスペースに高級車が並ぶ仙台支店のショールーム

 輸入車販売のヤナセ東北(仙台市)は2日、仙台市太白区あすと長町1丁目に仙台支店を移転オープンする。現地で1日、開所式があり、関係者が新たなショールームの完成を祝った。
 店舗名は「メルセデス・ベンツ仙台あすと長町」。敷地面積は約3300平方メートルで、展示車は旧店舗の3倍となる9台。高性能モデル「AMG」を常時展示し、屋外には中古車販売スペースも併設した。
 移転は1964年建設の旧社屋(青葉区大町2丁目)の老朽化が理由。再開発が進むあすと長町の発展性や交通利便性に着目して本社機能とともに移した。現在の社屋は取り壊して用地ごと売却する。跡地にマンションが建設される予定。国分隆郎支店長は「新支店は展示台数が多く、交通アクセスも良い。地域に密着し、貢献できる店にしていく」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月02日木曜日


先頭に戻る