宮城のニュース

<楽天>5番起用の中川 適時打2本

4回東北楽天1死二塁、中川が中前適時打を放つ

 今季初めて5番を任された東北楽天の中川大志が、適時打2本で3打点と勝利に貢献した。「チャンスが多く回る打順に入り、走者をかえせて良かった」と納得の表情だった。
 四回は1死二塁で高めに抜けた変化球をうまく中前へ運んだ。七回は2死満塁で「真っすぐに差し込まれたがしっかり振り切れた」。バットを根元から折られながらも内野安打で2得点を追加した。
 昨季の交流戦は4本塁打とセ・リーグの投手と相性が良い。「球の見極めがうまくできている。今後も結果を出していきたい」と力を込めた。


2016年06月01日水曜日


先頭に戻る