秋田のニュース

<囲碁>盤上をにらんで静かな戦い

盤上で静かな戦いが繰り広げられた市民向け囲碁大会

 囲碁の第71期本因坊戦7番勝負の第3局が2、3日、能代市で開催されることを記念した市民向け囲碁大会が1日、同市であった。
 市などでつくる本因坊戦能代市開催実行委員会が主催。市内外の愛好者約70人が実力別に5部に分かれて対局し、盤上をにらんで静かな戦いを繰り広げた。
 囲碁歴50年でアマチュア五段という能代市の無職大原正光さん(74)は「初戦は接戦で負けたが、次は頑張る」と話し、勝負を楽しんでいた。
 第71期本因坊戦は、囲碁界初の全七冠同時制覇を成し遂げた井山裕太本因坊(27)に高尾紳路九段(39)が挑戦する。これまでの対戦成績は1勝1敗のタイ。
 同市での本因坊戦開催は2014年以来2度目。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2016年06月02日木曜日


先頭に戻る