山形のニュース

<ごみ箱窒息死>父親に懲役4年6月判決

 山形県米沢市で昨年5月、生後16日の長女をごみ箱に閉じ込めて窒息死させたとして、傷害致死罪に問われた父親の無職鈴木好美被告(24)=同市春日1丁目=の裁判員裁判で、山形地裁は31日、懲役4年6月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 寺沢真由美裁判長は「新生児である被害者の安全を軽視した悪質な行為で、強い非難に値する。短い生命を絶たれたもので、結果も重い」と指摘した。
 弁護側は、鈴木被告が妻の育児放棄や家族関係によりストレスを抱えていたと主張したが、寺沢裁判長は「泣き声をうるさいと感じて犯行に及んだ。身勝手と言うほかない」と退けた。
 判決によると、鈴木被告は10代の妻と共謀して昨年5月7日、同市李山の自宅で長女をプラスチック製のごみ箱に入れ、その上から別のごみ箱をかぶせて閉じ込めるなどの暴行を加えたとされる。長女は翌8日、搬送先の病院で死亡した。


関連ページ: 山形 社会

2016年06月01日水曜日


先頭に戻る