宮城のニュース

防災計画を修正 避難所開設早める 仙台市

 仙台市防災会議(会長・奥山恵美子仙台市長)が1日、市内であり、昨年9月の宮城豪雨を踏まえて市地域防災計画を修正した。大雨時に指定避難所を開設するタイミングを早めたほか、避難情報の発令対象に宮城豪雨で氾濫した七北田川上流と旧笊(ざる)川を加えた。
 従来は市が避難勧告などを出すと同時に担当職員が現地に向かった指定避難所の開設では、市の避難情報より先に県と気象庁から発表されるケースが多い土砂災害警戒情報に合わせて職員を出すことで開設を早める。道路状況の悪化で一部で現地到着が遅れた、宮城豪雨の教訓から見直した。
 また、七北田川上流や旧笊川は宮城豪雨時、県が避難判断の基準水位を定めておらず、市も大きな水害発生を想定していなかった。修正後では、県が新たに定めた基準水位に基づき、両河川の流域でも避難情報を発令する方針に改めた。
 会議では計画の修正案を承認。市は3日に開く水防協議会で、河川氾濫時の避難情報の発令基準などを定めた市水防計画も見直す。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月02日木曜日


先頭に戻る