宮城のニュース

<アイリス>中国3カ所目新工場 来夏稼動

 アイリスオーヤマは1日、中国南部の広東省広州市に新工場を建設すると発表した。中国9番目の工場で、開発部門を備えた拠点は3カ所目。空白だった華南地域へ進出することで物流の効率化を図り、急拡大するインターネット通販で競争力を高めるのが狙い。
 5月に設立した現地法人が運営する。家電製品やLED(発光ダイオード)照明、プラスチック製品を生産し、自動式の倉庫を併設。年間約50億円の出荷を見込む。8月に着工し、来年8月の完成を目指す。
 アイリスは遼寧省大連市と江蘇省蘇州市に拠点を持つ。両市から離れた華南地域に物流拠点を構えることで、ネット通販で重要な商品配送のスピードアップを図る。家電メーカーの生産拠点が多い広州市は電子部品を調達しやすいことから、開発部門を併設して新商品の開発も加速させる。
 同社は「中国での中心的な工場と位置づけ、開発や製造の機能を集約していく」と説明した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月02日木曜日


先頭に戻る