宮城のニュース

関東の化粧品メーカー 亘理町に新工場

 化粧品メーカー「コスメティック・アイーダ」(神奈川県大和市)が宮城県亘理町逢隈高屋の亘理中央地区工業団地に建設する新工場の起工式が1日、現地であった。同社と町の関係者ら約60人が参加し、工事の安全を祈った。
 新工場はコスメティック・アイーダの主力製造拠点になる予定。約2万平方メートルの敷地に鉄骨平屋延べ床面積約4500平方メートルの工場を建設する。総事業費は26億円。2017年秋の操業開始を目指しており、新工場では従業員約200人を雇用する。
 同社の現在の売り上げは年11億円。新工場が稼働した5年後には年20億円を見込む。
 同社は現在、亘理町内で2工場を稼働させている。山元町にも工場があるが東日本大震災で被災し、休止している。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月02日木曜日


先頭に戻る