宮城のニュース

<ツール・ド・東北>藤巻亮太 テーマ曲担当

「ツール・ド・東北2016」をPRする(左から)中西さん、谷さん、道端さん、はっしーさん、藤巻さん

 東日本大震災で被災した宮城県の沿岸部を自転車で巡る「ツール・ド・東北2016」(河北新報社、ヤフー主催)をPRする「広報大使」「東北応援大使」などの発表会が1日、東京都内であった。モデルの道端カレンさんが広報大使を務め、ミュージシャンの藤巻亮太さんが大会テーマソングを手掛ける。
 東北応援大使には、トライアスロンで2020年の東京パラリンピックを目指す谷(旧姓佐藤)真海さん(宮城県気仙沼市出身)と、元Jリーガー中西哲生さんが就任。グルメ大使には食ブロガーのフォーリンデブはっしーさんが就いた。震災直後に宮城県石巻市を訪れたという藤巻さんは「大事なのは(被災地に)関わり続けること。音楽を通じ、できる限りのことをしたい」とあいさつ。谷さんは「笑顔広がる大会にしたい」と抱負を語った。
 一力雅彦河北新報社社長と宮坂学ヤフー社長も登壇し「大会をきっかけに三陸に自転車文化を根付かせたい」などと述べた。
 大会は9月17、18日に行われる。従来の5コースに加え、10人一組で駆ける牡鹿半島チャレンジグループライド(100キロ)を新設した。募集人数は3745人。応募は8日まで専用サイトで受け付ける。応募者多数の場合は抽選となる。


2016年06月02日木曜日


先頭に戻る