宮城のニュース

生産者と飲食店経営者ら 交流深め商談

生産者と飲食店経営者が交流を深めたマッチングパーティー

 宮城県内の農業、水産、畜産関係者と、仙台市青葉区国分町周辺の飲食店経営者らが交流するマッチングパーティーが、国分町にある元鍛冶丁公園で開かれた。
 5月24日にあったパーティーでは県内の生産加工43社がブースを設置。飲食店経営者らが試食したり調理法を尋ねたりして親交を深め、商談を弾ませた。
 青葉区一番町でフランス料理店を営む佐藤史さん(41)は「多くの生産者と直接話ができるのはありがたい。何か良い食材を見つけて帰りたい」と話した。
 ワカメなどの海産物を扱う本田水産(石巻市)の高橋啓太さん(39)は「より多くのお客さんと出会って販路拡大につなげたい」と期待した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月04日土曜日


先頭に戻る