宮城のニュース

仙台の幼稚園近くにクマ 園児「見た」

園庭の奥に広がる竹やぶでクマが目撃されたおたまや幼稚園=3日午前11時40分ごろ、仙台市青葉区霊屋下

 3日午前9時15分ごろ、仙台市青葉区霊屋下の学校法人瑞鳳学園おたまや幼稚園南側の竹やぶに体長約1メートルのクマがいるのを幼稚園の女性職員らが見つけ、仙台中央署大町交番に通報した。
 同署と幼稚園によると、竹やぶにいた園児から「クマを見た」と伝えられた職員がクマの姿を確認した。通報を受けた署員が周囲を探したが、見つからなかった。クマがかじったとみられる竹が残っていた。
 当時、園内には園児ら約60人がいたが無事だった。幼稚園は施設内に園児を避難させた。女性職員(24)は「幼稚園の近くでクマが出るなんて怖い。子供たちが無事で良かった」と話した。
 「年に1、2度は目撃情報がある」と現場近くの飲食店「おたま茶や」の店主佐川信一さん(61)は話す。近くで働く女性(60)は「住宅が多い地域に出るなんて」と驚いた様子だった。
 現場はJR仙台駅から南西約1.7キロの瑞鳳寺の敷地内。5月23日には現場から西に約1キロ離れた青葉区川内の市道で体長約1メートルのクマが目撃されている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年06月03日金曜日


先頭に戻る