宮城のニュース

<楽天>安楽 救援デビューは無失点

 東北楽天の安楽智大が九回に中継ぎ転向後初の救援登板。走者1人を許しながらも、力のある速球でぐいぐい押す持ち味は従来通りで、1回を23球で無失点でしのいだ。
 先頭の今成に、あわや右翼ポール際への本塁打かという大飛球を飛ばされた上、粘られて13球目に四球で出す嫌な出だしだった。その後は鳥谷敬、西岡剛、福留孝介の3人をしっかりと凡退に仕留めた。
 安楽は「納得できるボールではなかったが、何とか無失点で終われて良かった。今後は負けている時でもチームを勢いづけられる投球ができるようにしたい」と一定の手応えを感じたようだった。


2016年06月03日金曜日


先頭に戻る