宮城のニュース

野蒜地区中心に13議案 東松島市

 宮城県東松島市は3日、34億1190万円を追加する一般会計補正予算など、9日開会の市議会6月定例会に提出する13議案を発表した。
 主な補正は東日本大震災で被災した野蒜地域に重点を置き、避難道路の整備に5億円、東名運河の堤防への植栽に5200万円を計上した。震災遺構として保存するJR旧野蒜駅プラットホーム周辺に整備する「震災復興メモリアルパーク」に関する条例も提出する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月04日土曜日


先頭に戻る