岩手のニュース

鶏肉から基準超抗生物質

 岩手県は3日、岩手県軽米町の鶏肉処理業者「フレッシュチキン軽米」が加工した県産鶏肉から食品衛生法の基準を超える抗生物質が検出されたとして、鶏肉3101羽分の自主回収を命じた。県は「食べても健康に影響はない」としている。県によると、5月30日に同社に立ち入り検査した際、鶏肉1検体から動物用医薬品として使われる抗生物質「テトラサイクリン類」が0.41ppm(国の基準値0.2ppm)検出された。


関連ページ: 岩手 社会

2016年06月04日土曜日


先頭に戻る