岩手のニュース

盗撮の職員を停職6カ月

 久慈市は3日、盗撮行為をしたとして、30代の主事級男性職員を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は5月31日付。同日付で依願退職した。市によると、男性職員は2月18日、盛岡市の商業施設内の書店で、女性のスカートの中をカメラ付きスマートフォンで撮影した。岩手県迷惑防止条例違反容疑で盛岡東署から任意の事情聴取を受け、久慈簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。


関連ページ: 岩手 社会

2016年06月04日土曜日


先頭に戻る