秋田のニュース

<奥羽・羽越新幹線>整備促進求め9月に同盟会

 佐竹敬久秋田県知事は3日、フル規格の奥羽新幹線(福島−秋田間)と羽越新幹線(富山−青森間)の建設促進を求める「奥羽・羽越新幹線整備促進期成同盟会」(仮称)を9月上旬に設立することを明らかにした。県議会定例会(6月議会)の一般質問で答弁した。
 佐竹知事は「四国や東九州では、北海道新幹線の札幌延伸後を見据え、基本計画から整備計画への格上げを目指す動きが活発化しており、県でも具体的な活動を始める」と述べた。さらに「山形など沿線県と連携していく」と語った。
 県交通政策課によると、期成同盟会には県内の自治体や経済団体などが参加する予定。同課は「県を挙げて推進母体を設立し、機運を盛り上げる」と話した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年06月04日土曜日


先頭に戻る