宮城のニュース

<楽天>泣くな戸村 7回2失点で内容上々

 東北楽天は今季初先発の戸村健次が五回まで無失点と試合をつくったが、六回に落とし穴が待っていた。
 先頭の投手吉見一起に2ストライクから安打を許し、歯車が狂った。相手ベンチが勢いづき、味方の失策も絡んで2点を奪われた。「(0−0の)緊迫した展開が一気にほころびた」と与田剛投手コーチ。戸村は「もっと丁寧にいくべきだった」と反省した。
 敗戦投手になったとはいえ、狙い通りゴロでアウトを取り7回3安打2失点と先発枠入りはアピール。「直球で押し、変化球も打者の手元で動いてくれた。自分の特長を出せた」と手応えを得た。与田投手コーチも「先発枠に入る力は見せてくれた」と評価し、次戦の登板に期待を寄せた。

☆梨田の話ダ
<先発として評価>
 「攻めの気持ちでいい投球をしてくれた。四死球も(2個)と少なく、先発として十分通用する」(中継ぎから先発に回った戸村に)


2016年06月06日月曜日


先頭に戻る