宮城のニュース

<高校総体>高野(柴田)初優勝 重量挙げ

重量挙げ男子94キロ級 トータル240キロで初優勝を飾った柴田・高野

 「基本に忠実」を意識 重量挙げ男子94キロ級で柴田の高野がスナッチ、ジャークの計6回の試技を全て成功させ、トータル240キロで初優勝を飾った。「インターハイが懸かった試合を手堅くまとめることができた」と笑顔を見せた。
 春の全国選抜大会は5位入賞。県レベルでは「勝って当然」という雰囲気もある中、落ち着いて力を発揮した。「基本に忠実なフォームを意識したのが良かった」と話す。
 柔軟性と跳躍力を兼ね備えているのが強み。昨年末から上半身を集中的に強化し、急成長したという。初の大舞台を見据え、「全国の強豪選手が集まる中で最高のパフォーマンスを見せたい」と意気込んだ。


2016年06月06日月曜日


先頭に戻る