宮城のニュース

<大河原町長選>伊勢氏 再選へ出馬意向

伊勢 敏氏

 任期満了に伴う宮城県大河原町長選(10月11日告示、16日投開票)で、現職の伊勢敏氏(67)は6日、再選を目指して無所属で立候補する意思を固めた。町長選に立候補の意向を明らかにしたのは伊勢氏が初めて。
 河北新報社の取材に対し、子ども医療費助成の18歳以下への対象拡大や、約150人の雇用増を見込む企業誘致の実現といった実績を強調。「人口減少への対応や県南部の広域連携を進め、引き続き地方創生に取り組みたい」と述べた。
 伊勢氏は石巻市出身で、東京都立大(現首都大学東京)大学院修了。県議2期を経て、2度目の挑戦となった2012年の町長選では無所属現職との一騎打ちを制し、初当選した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月07日火曜日


先頭に戻る