青森のニュース

豪華クルーズ船 今年も青森入港

3層吹き抜けの豪華なアトリウムをはじめ、バーやシアターなど船内を公開した

 大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」(約11万6000トン、全長290メートル)が7日、青森港(青森市)に今年初めて入港した。
 5月30日〜6月10日の神戸発着クルーズで、北海道やロシアを周遊して青森に寄港。乗客約2400人は埠頭でねぶたばやしの歓迎を受け、大型バスなどに分乗し観光地に向かった。
 ニュージーランドから訪れたビッキー・チャンさん(65)は「日本は初めて。青森では弘前城や津軽藩ねぷた村を訪ねたい」と話した。
 停泊中の船内では旅行会社による見学会があり、参加者40人が施設内でプールやカジノルーム、ショーが行われるシアターなどを巡り、豪華な旅の一部を体感した。
 青森港には本年度、「クリスタル・セレニティー」「ル・ソレアル」が初寄港したのをはじめ、延べ20隻の国内外の大型クルーズ船が寄港する。ダイヤモンド・プリンセスは計7回寄港する予定。


関連ページ: 青森 経済

2016年06月08日水曜日


先頭に戻る