宮城のニュース

<白石市長選>市議の山田氏 出馬へ

山田裕一氏

 任期満了に伴う宮城県白石市長選(10月16日告示、23日投開票)で、白石市議の山田裕一氏(40)は7日、無所属で立候補する意思を固めた。近く記者会見し、正式に表明する。
 山田氏は取材に「丸9年の議員活動で培った経験と人脈をフル活用し、アンテナを高く張って白石を再起動させたい」と述べた。施策面では「教育と子育てを手厚くし、地場の産品や情報を発信する道の駅のような施設を検討するなど、めりはりのある市政運営に取り組む」と説明した。
 山田氏は白石市出身、白石工高卒。クリーニング業の傍ら2007年市議選で初当選し、3期目。白石青年会議所理事長も務めた。
 現職で3期目の風間康静氏(55)は6日、今期限りでの引退を表明した。市長選で出馬の意思を明言したのは山田氏が初めて。当面は議員活動を続ける意向だが、辞職時期によっては市議補選が市長選と同日程で行われる可能性がある。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月08日水曜日


先頭に戻る