宮城のニュース

<楽天>則本 失点後ギア上げる

6回ヤクルト2死一、三塁、畠山を空振り三振に打ち取り雄たけびを上げる東北楽天先発の則本

 東北楽天の則本昂大が8回1失点の好投で西武・菊池雄星(岩手・花巻東高出)らと並ぶリーグトップの6勝目を挙げた。「それより地方での連敗を止めたかった」。チームが宮城を除く東北での主催試合で3季ぶりに勝てたことを喜んだ。
 三回2死から2失策が絡み1点を失う。なお二、三塁で強打者山田哲人を迎えるとギアを上げた。150キロ台の直球で押し、最後は変化球で空振り三振に。「制球重視の場面と、力で勝負する場面を見極められた」
 四回は公式戦自己最速156キロの直球で畠山和洋(岩手・専大北上高出)から見逃し三振を奪った。試合前、腹痛に見舞われたことを明かし、「それで最初から飛ばしたのが良かったのかも」と笑顔で振り返った。


2016年06月08日水曜日


先頭に戻る