宮城のニュース

<リオ五輪>秋山選手「金メダル目標に戦う」

町内の子どもたちから花束を贈られた秋山選手(左)

 リオデジャネイロ五輪射撃男子ラピッドファイアピストル日本代表の秋山輝吉選手(44)=県警=の壮行会が5日、仙台市青葉区の栗生西部集会所であった。
 秋山選手の自宅がある栗生西町内会が企画。町内会から参加した約80人と、仙台市を拠点に活動する社会人の応援団「青空応援団」が力強いエールを送った。
 応援団団長で同町の平了さん(38)は「秋山選手は諦めなければ何でもできると子どもたちに示してくれた。私たちはリオと青空でつながっている」と激励した。
 秋山選手は「応援に感激した。日頃、地域からの温かさを感じる。金メダルを目標に戦いたい」と決意を表明した。


2016年06月08日水曜日


先頭に戻る