福島のニュース

国道4号−福島北間 20年度までに開通

 東北地方整備局福島河川国道事務所は7日、東北中央自動車道相馬福島道路で、国道4号インターチェンジ(IC)−福島北ジャンクション(JCT)の2.0キロが2020年度までに開通する見通しになったと発表した。
 常磐道と東北道を結ぶ全長45.9キロのうち8割(35.7キロ)で開通時期が確定した。残る区間は霊山IC−国道4号IC(10.2キロ)。
 福島河川国道事務所によると、東北新幹線高架橋などをまたぐ「桑折高架橋」(1.2キロ)が5月16日に着工。用地取得も一定程度進み、開通見通しが立ったという。
 相馬福島道路は原発事故からの復興支援道路として国が整備。霊山IC−福島北JCTを除く33.7キロは16〜18年度の開通見通しが決まっていた。


関連ページ: 福島 社会

2016年06月08日水曜日


先頭に戻る