宮城のニュース

<三陸道>本吉−大谷18度開通 国が見通し

 石井啓一国土交通相は8日、宮城県気仙沼市の三陸沿岸道路本吉−大谷インターチェンジ(IC、いずれも仮称)間4キロについて、2018年度に開通するとの見通しを明らかにした。整備促進の要請に訪れた菅原茂気仙沼市長らに答えた。
 石井国交相は「用地取得のめどが付き、開通の見通しが立った」と話した。菅原市長は「沿岸道整備は市民が復興を実感できる。他区間も国の事業促進に協力したい」と述べた。
 同区間は13年度に着工し、国は本年度予算に事業費約36億円を計上した。
 宮城県内では、登米市の登米東和−三滝堂IC間2キロが4月16日に開通、東日本大震災後初めて延長された。三滝堂以北のうち、南三陸町の歌津北IC(仮称)までの区間は18年度までに開通する見通しが既に公表されている。
 気仙沼市の気仙沼IC(同)以南で開通見通しが未定の歌津北−本吉IC間(同)8キロは「用地取得が進んでいない」として、8日も時期が示されなかった。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月09日木曜日


先頭に戻る