青森のニュース

車検切れの公用車使用

 十和田市上下水道部は8日、水道課の公用車1台が車検切れのまま計43キロ走行したと発表した。同部によると、別の課の庶務担当職員が3日に公用車の一覧表を見て、5月19日で車検が切れていることに気付いた。判明するまで、水道課職員2人が4日間使用した。高渕晃部長は「車検手続きは担当職員任せだった。車両管理の徹底を図る」と話している。


関連ページ: 青森 社会

2016年06月09日木曜日


先頭に戻る