山形のニュース

市街地でクマ目撃情報 山形

 8日午前9時ごろ、山形市小白川町2丁目の馬見ケ崎川の河川敷で、体長約80センチのクマ1頭がいるのを車で通り掛かった40代の女性会社員が目撃し、110番した。付近には山形八小や住宅があり、市は現場付近の河川敷を約1キロにわたって立ち入り禁止とした。
 同日午後4時半ごろには、現場から川を挟んで北東に約800メートル離れた同市双月町の散策道で、体長約1メートルのクマ1頭が目撃された。7日午後6時25分ごろにも、双月町の公園脇の山で、体長約1メートルのクマ1頭が木に登っているのが目撃されている。市は同じクマが移動した可能性もあるとみて注意を呼び掛けている。


関連ページ: 山形 社会

2016年06月09日木曜日


先頭に戻る