福島のニュース

<福島市長招待券問題>「誤解を招いた」陳謝

 小林香福島市長の後援会が4月に開いた政治資金パーティーに有権者を招待し「納入済み」と印字した入場券などを送っていた問題が8日、市議会6月定例会一般質問で取り上げられ、議員2人が市長の説明責任などをただした。小林市長は「市民の誤解を招き、ご迷惑をお掛けしたのは申し訳ない」と陳謝した。
 小林市長は、パーティー会場で会費の支払いを確認できなかった招待者10人のうち、6人について振り込みによる支払いを確認し、払っていなかった4人にも後日、納入してもらったなどと経緯を説明した。
 問題発覚後の記者会見で「納入済みとの記載があっても会費を持ってくるのが常識だ」と語ったことについては、「常識という表現は使ったが、説明不足だった」と釈明した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年06月09日木曜日


先頭に戻る